超音波式米研機

  1. 洗う時間が従来品と比べ3分の1で、使う水の量も3分の1で省エネです。
  2. 洗い終わるとすぐに炊飯がでるので、短時間でたくさんの米を炊くことができます。
  3. 泡クッションの作用により割米はほとんどできません。
米とぎ3年
「米とぎ3年、炊き8年」なんて言葉もあります。昔の人はそれだけ、米研ぎを難しいものだと考えてきました。料理の下ごしらえと同じくらい重要な作業です。超音波式米研ぎ機は、3年もかからずに、その日から1ランク上の米の味を再現できる優れものです。

カタログページも参考にしてください。(PDF)

 →超音波式米研ぎ機・ハイカロリーバーナーなど

トップメニュー

SHARKメニュー

厨太くんメニュー

大東オリジナルメニュー